ビジネスは情熱とアイデア!

ネットを活用して生活を変えていきます。 いろいろな知恵を紹介しながら、自分も実践します。
ビジネスは情熱とアイデア! TOP  >  起業術 >  プチ起業するためのステップ 4 プチ実践報告(2)

プチ起業するためのステップ 4 プチ実践報告(2)

プチ起業を決めました。

実践記録をつづります。 
since 2014/06/03

しばらくはサラリーマンをやりながら地道に可能性を探ります。

副業サラリーマンということです。

<参考>


収益の見通しが立つまでは資金ゼロではじめられるネットが最適です。

時間は(1)早朝を使います。それと(2)通勤および移動中のすきま時間にスマホを使います。

活動のベースとしてブログとサイトを使います。

闇雲にやるのではなく、テーマを決めて、ビジネスモデルを作ります。

モデルについては先行する成功例を参考にしながら

実践していく中で修正を加えていきます。

とにかく資金はゼロ。したがってリスクはゼロ。サラリーマンなのでリスクはとれません。

できれば国内だけでなくグローバルなビジネスを考えます。

語学には壁がありますが、商品には壁がありませんので海外にも通用する商品選定を行い

いろいろなサービスを使って多言語サイトを作り

paypalなどの決済の仕組みを駆使して販売の道を開きます。

この工程も記録していきます。

記録はすべてこのブログを使います。ブログタイトルが「ビジネスは情熱とアイデア」ですから。

考えてみるとこのブログは最初のタイトルは「通勤電車の知恵」でした。

そのときから考えていたことなのだと自分でも改めて確認しているところです。

虫のいい起業ですが、クリス・アンダーソンが3部作(↓↓)で解いてきたネットのビジネスの可能性を考えると

これこそが新しいビジネスの形ではないかと思っています。



フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2,341



MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン
NHK出版
売り上げランキング: 1,479




むしろ常識を超えたところに新しい可能性があります。

ロールモデルの大切さを説いた梅田望夫さんの

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 88,004


ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 156,169


を参考にしながら

進めていきます。

とはいえ

理念的ではなく、具体的に収益を上げることを目的とします。

収益額の多寡よりも、収益が上げられる可能性とそのプロセスを見ていきます。

本格的に取り組むときの市場の規模とかを見極めたいからです。

---------
ということで今日はこれからの方向性について考えてみました。

訪問してくださった方には役に立たない内容かも知れませんが

考え方を表明することによって

広い世界の中で同じようなことを考えている人は

いるでしょうから

仲間を作っていこうと思っています。

昔作った倶楽部があります。リーマンショックの前ですので

多少雰囲気は違いますが、考えていることは同じです。
↓↓
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

これにも手を入れていきます。

アクセスはいまでもありますので。

5時半になりました。

出勤の準備に入ります。





スポンサーサイト
[ 2014年06月06日 06:04 ] カテゴリ:起業術 | TB(-) | CM(-)
Google Adsense






【からだを守ってキレイになろう!】プラチナ級の価値がある特別な乳酸菌「EF2001」


1兆個の乳酸菌を凝縮!健康なからだ作りのための高機能乳酸菌サプリメント

便利なおすすめツールズ
nobiru

[受験]大学受験の最新情報をお届け。
まだ間に合う大学入試情報は毎年注目されています。 
http://www.nobiru.net/


ADs
インターネットで活動する人のマネタイズは今後の大きなトレンドになります。
Kindle版のランキング上位
-----------


ブックオフオンライン
とりあえず部屋を整理してついでに稼ぎたい時は↑↑一石二鳥。
ソーシャル系ニュースブログ『蛙の目』
検索フォーム
QRコード
QRコード
楽天トラベル
プロフィール

ブラックコーヒー

Author:ブラックコーヒー
このブログの管理人の森田達也(ブラックコーヒー)です。JAZZとコーヒーと本とカメラをこよなく愛しています。考えることが大好き。
元々は理系(農)。
現在の仕事は広報プランナー。
昔はソフト会社(桐のベンダー)をやってました。職場は学校です。

月別アーカイブ