ビジネスは情熱とアイデア!

ネットを活用して生活を変えていきます。 いろいろな知恵を紹介しながら、自分も実践します。
ビジネスは情熱とアイデア! TOP  >  マネタイズト術 >  [私のブログ術]まとめ版 一記事入魂法

[私のブログ術]まとめ版 一記事入魂法

前に書いた一記事入魂のブログ作成法です。

私のブログの書き方です。

今回もう一度まとめておきます。


----------
ブログを使ってアフィリエイトを効率よく行うためのノウハウを手順で書いてみようと思います。

あくまでも私流です。

息をするように書く、まばたきするように撮る

が基本です。

私の場合はニュースをネタにしたブログをテーマごとに作っていますのでそれを元に書きます。基本的にはどのようなブログでも同じです。

1)いきなり書き始めない ・・・まず一日のニュースをどこで見るか。そしてどこにためる(ブックマークやファイル)か、が効率的に書くにはとても大事です。

今はスマホのニュースアプリがいいですね。これは最高です。
pastebotというコピーアンドペーストアプリにとにかくためます。

その上で、できるだけ流れるような手順でリズムに従って記事を書いていった方が効率的です。

書くことが苦にならないようにまでリズミカルに書けけるようになるまで徹底して書いていきます。

野球のノックの要領です。ノックするためのボールが次々に繰り出されるように「仕込んで」いくのがこの段階です。

スマホとPCの両方でやれるようにしておきます。スマホでニュースを隙間時間に見て、ブックマークする感じです。(今はそのままいろいろなアプリを使ってスマホでそのまま書いていくことがおおいです)

2)テーマに従って複数のブログに丁寧に書いていきます。・・・一記事入魂 と私は呼んでいますが、とにかくしつこいくらいに丁寧に書きます。

3)そのための環境、書くための環境がとても大事です。リズムを作るためにはやはり道具(ツール)がなにより大切です。私が使っているツールを後程、紹介します。

4)最後に関連したアフィリエイトを考え、コードを貼っていきます。これも職人のように最初に「段取り」してから効率的に貼っていきます。これも後程私の方法を紹介します。

5)アクセス解析で過去記事のアクセスの多い記事をチューンアップしていきます。これがアクセスアップの一つの糸口になります。徹底してブラッシュアップするとともにより効率的で自然なアフィリエイトも考え、入れ替えていきます。ブログの場合はこれがWEB上では検索エンジンから見てサイト1ページと同等の扱いになりますので、とても大事なことです。
Feetr ニュース/RSS/まとめ/フィルター/情報収集
KINGSOFT JAPAN Inc. (2013-11-08)
売り上げランキング: 158




[PR]
楽天エンタメナビ*42~世界を変えた男~
史上初の黒人メジャーリーガーとして幾多の差別を乗り越え、野球界の新たな1ページを切り開いた伝説のプレイヤー、ジャッキー・ロビンソンの不屈の人生を描いた感動の伝記ドラマ。彼と、彼を周囲の猛反対を押し切り起用したブルックリン・ドジャースのやり手GMブランチ・リッキーの2人が繰り広げる孤独で過酷な戦いの行方を綴る。主演はチャドウィック・ボーズマン、共演にハリソン・フォード。監督は「L.A.コンフィデンシャル」「ミスティック・リバー」などの脚本で知られるブライアン・ヘルゲランド。(allcinema)

スポンサーサイト
[ 2013年11月16日 17:34 ] カテゴリ:マネタイズト術 | TB(-) | CM(-)
Google Adsense






【からだを守ってキレイになろう!】プラチナ級の価値がある特別な乳酸菌「EF2001」


1兆個の乳酸菌を凝縮!健康なからだ作りのための高機能乳酸菌サプリメント

便利なおすすめツールズ
nobiru

[受験]大学受験の最新情報をお届け。
まだ間に合う大学入試情報は毎年注目されています。 
http://www.nobiru.net/


ADs
インターネットで活動する人のマネタイズは今後の大きなトレンドになります。
Kindle版のランキング上位
-----------


ブックオフオンライン
とりあえず部屋を整理してついでに稼ぎたい時は↑↑一石二鳥。
ソーシャル系ニュースブログ『蛙の目』
検索フォーム
QRコード
QRコード
楽天トラベル
プロフィール

ブラックコーヒー

Author:ブラックコーヒー
このブログの管理人の森田達也(ブラックコーヒー)です。JAZZとコーヒーと本とカメラをこよなく愛しています。考えることが大好き。
元々は理系(農)。
現在の仕事は広報プランナー。
昔はソフト会社(桐のベンダー)をやってました。職場は学校です。

月別アーカイブ