ビジネスは情熱とアイデア!

ネットを活用して生活を変えていきます。 いろいろな知恵を紹介しながら、自分も実践します。
ビジネスは情熱とアイデア! TOP  >  マネタイズト術 >  ランキングサイトは今でもアクセスアップのつーるとして使えるか検証

ランキングサイトは今でもアクセスアップのつーるとして使えるか検証



アクセスアップにランキングサイトを以前はよく使いました。

でもクリック誘導しなければ順位は上がらず、毎日一回せっせと自分でクリックするのも無駄ではないが、そのうち虚しくなりますよね。

最大の弱点はアドセンスからクリック誘導の警告を受けることがあること。

これは致命的!

では使えないのかというとこういう方法があります。

ランキングサイトには一つ登録しましょう。私の好みはにほんブログ村、もちろん人気ブログランキングでもいいです。
1)そこでカテゴリー上位を見ます。一位のブログを見て、そこにコメントができるならコメントします。もちろん、自分のURLを残します。

トラックバックできるならばそちらの方が効果があります。とにかくアクセスが多いブログにリンクが出来ると、それを「見て」アクセスがあります。

SEOというよりもブログを見ている人がコメントの内容やトラックバックのタイトルを見て訪問してくれるのです。

かなり強力なアクセスアップの方法だと思います。

【横浜チョコレートのバニラビーンズ】なんと34,940セット突破!ご好評につき販売延長中!

余談)同じような効果としてはニュースサイトのAFP BB NEWSがあります。ここのニュースを引用して記事を書くとタイトルがトラックバックした時のようにAFP BB NEWS側に残りますので、タイトルを工夫すると面白いようにアクセスを集めることが出来ます。一日一回サイトを訪問してこれはと思うニュース(自分のブログのテーマに沿った)をピックアップして いくと面白いです。(昔やっていたことを思い出してきました)

2)ランキングサイトのカテゴリーとかジャンルの分類をみてメモしておくと役立ちます。記事にタグをつけるということは絶対にやるべきことなのですが、めんどくさくなって怠りがちです。めんどくさいということもありますが、自分の中の語彙が不足していてラベリングできないということもあります。この時に役に立つのがカテゴリーメモです。

パソコンやスマホのメモ帳に書いておくと役に立ちます。

3)カテゴリーごとで登録数も1位のアクセス数も随分と違います。ブログのテーマを選ぶ際にはそれが参考になります。ある程度人気があって、かといって超過密でないジャンルを狙うべきでしょう。特に物販系はそれは考えた方がいいと思います。

とにかく眺めているだけでいろいろな発見があるランキングサイトはいろいろと活用の仕方があります。

ちなみにクリックではなくサイトの訪問者数を自動カウントしてランキングしてくれる」「くつろぐ」などのランキングサイトもあります。
スポンサーサイト
[ 2013年11月14日 20:00 ] カテゴリ:マネタイズト術 | TB(-) | CM(-)
Google Adsense






【からだを守ってキレイになろう!】プラチナ級の価値がある特別な乳酸菌「EF2001」


1兆個の乳酸菌を凝縮!健康なからだ作りのための高機能乳酸菌サプリメント

便利なおすすめツールズ
nobiru

[受験]大学受験の最新情報をお届け。
まだ間に合う大学入試情報は毎年注目されています。 
http://www.nobiru.net/


ADs
インターネットで活動する人のマネタイズは今後の大きなトレンドになります。
Kindle版のランキング上位
-----------


ブックオフオンライン
とりあえず部屋を整理してついでに稼ぎたい時は↑↑一石二鳥。
ソーシャル系ニュースブログ『蛙の目』
検索フォーム
QRコード
QRコード
楽天トラベル
プロフィール

ブラックコーヒー

Author:ブラックコーヒー
このブログの管理人の森田達也(ブラックコーヒー)です。JAZZとコーヒーと本とカメラをこよなく愛しています。考えることが大好き。
元々は理系(農)。
現在の仕事は広報プランナー。
昔はソフト会社(桐のベンダー)をやってました。職場は学校です。

月別アーカイブ