ビジネスは情熱とアイデア!

ネットを活用して生活を変えていきます。 いろいろな知恵を紹介しながら、自分も実践します。
ビジネスは情熱とアイデア! TOP  >  2013年10月

Googleがサイトアフィリエイトを変えつつある話

ネット界隈では嫌儲(読みは「けんもう」でいいと思います)という言葉が生まれているようにアフィリエイトはかなり嫌われます。

ただ、ネットに多くの起業家、イノベーターを惹きつけるにはやはりお金が動かなければなりません。

そのはざまで詐欺のような手法が編み出され、そのグレイな部分が淘汰されていく過程を経るようです。

どうも人はズル賢いことの方が頭が頭が回るらしく。欲望に結び付きやすいのでしょう。そこからのエネルギーにはかなわないところがあります。

だから先に欲望系、ギャンブル系、どん欲系が先にきます。次々に追従者か現れ、バブル化し、やがて荒れ始めます

その後に社会問題化しますので理性がようやく働き始め、「健全化」されていきます。

しばらく前のまとめサイトでのステルスマーケティング=ステマ問題なども同じ過程を辿りつつあります。

まとめサイトはユーザーへの貢献という視点では役に立つものです。まさに職人技で収集されまとめられたものはその努力に報酬があってもよいと思います。(実際に2ちゃんねるやニコ動、NAVERまとめの優れたまとめサイトは相当な報酬を得ていると聞いています)それを形だけ(手法だけ)まねる者が出てくる、さらにそのやり方のノウハウを教材化するという過程で「荒れ」が生じます。

スポンサーサイト
[ 2013年10月23日 11:24 ] カテゴリ:マネタイズト術 | TB(-) | CM(-)

アフィリエイトサイトの作り方これは参考になります

アフィリエイトサイトを作る時のフローを公開してみようと思う | 四畳半ワークス
http://bit.ly/1hwdzCt

時間をかけて丁寧に書くというのが最近のブログもサイトも絶対の条件のようです。

もはやこれができないとすくなくともアフィリエイトサイトとしては生き残れません。

要するにコンテンツ重視になっているわけです。

さて、なぜそうなったか?

すべてGoogleの検索アルゴリズムの変更によるものです。これによってまともなアフィリエイターは方針を変更せざるを得なかったということです。

パンダやペンギンアップデートでスパムサイトは駆逐されました。

内容のないサイトも検索エンジンから評価しなくなりました。

ソーシャルメディアからの誘導という手もありますが、やはり検索エンジンからのトラフィックは大きいわけですからサイト制作者はSEO対策以前にコンテンツに力を入れ始めたのです。

これは、ネットユーザーから考えると素晴らしいことです。

Googleがスパムに勝ったわけで、やはりGoogleってすごいと思います。

今回Googleは検索アルゴリズムを大きく変えたGoogleハミングバードというアップデートを行いました。

内容はまだ伝わってきていませんが、よりコンテンツやユーザビリティをしっかりとやらないと評価されない仕組みになったようです。

小手先でごまかしてもだめ

そういうことのようです。

貢献 ということがネットで求められている気がします。

ネットで簡単に稼ぐという手法のほとんどが自動化によるスパムサイトの量産でしたので、そのような情報商材はなくなるでしょう。

twitterもスパムの駆逐を宣言していますので、こちらもなくなる日がくるでしょう。

となるとやはり良いコンテンツ、ネットユーザーから共感を得るコンテンツを作らなければならないということになっていくと思われます。

私はすばらしいことだと考えます。

やはりソーシャルな時代は「共感」「共有」そして「貢献」がキーワードになるでしょう。







[ 2013年10月22日 19:53 ] カテゴリ:マネタイズト術 | TB(-) | CM(-)

Googleの収益から最近のトラフィックを知る

この記事からいろいろなことがわかります。赤字で強調してみました。

グーグル 売上高は過去最高に
NHKオンライン



アメリカのIT企業グーグルは、ことし7月から9月までの四半期決算を発表し、ネット広告事業が好調だったことから売上高が過去最高になりました。

グーグルは17日、ことし7月から9月までの四半期決算を発表しました。
それによりますと、売上高は前の年の同じ時期より12%増えて148億9300万ドル(日本円で1兆4600億円)と過去最高になりました。
また、最終利益は36%増えて29億7000万ドル(日本円で2900億円)となりました。
これは、売り上げの80%以上を占めるネット広告事業が好調だったことに加えて、音楽や電子書籍のネット販売も伸びたためです。
また、グーグルの業績内容を分析するうえで重要な指標として投資家が注目しているネット広告のクリック数が、前の年の同じ時期より26%増えた一方で、広告主が払うクリック1回当たりの単価は8%低下しました。
利用者の間でパソコンより広告単価が安いスマートフォンへの移行が急速に進んでいることで、このところグーグルの広告単価は下落を続けていますが、クリック数が増加したことで今回の決算では利益を大きく伸ばしました。
一方、「モトローラ」のブランド名で展開している携帯端末部門は、営業赤字が2億4800万ドル(日本円で240億円)に拡大していて、モトローラ部門の再建がグーグルの経営課題となっています。
[ 2013年10月18日 19:15 ] カテゴリ:起業術 | TB(-) | CM(-)
Google Adsense






【からだを守ってキレイになろう!】プラチナ級の価値がある特別な乳酸菌「EF2001」


1兆個の乳酸菌を凝縮!健康なからだ作りのための高機能乳酸菌サプリメント

便利なおすすめツールズ
nobiru

[受験]大学受験の最新情報をお届け。
まだ間に合う大学入試情報は毎年注目されています。 
http://www.nobiru.net/


ADs
インターネットで活動する人のマネタイズは今後の大きなトレンドになります。
Kindle版のランキング上位
-----------


ブックオフオンライン
とりあえず部屋を整理してついでに稼ぎたい時は↑↑一石二鳥。
ソーシャル系ニュースブログ『蛙の目』
検索フォーム
QRコード
QRコード
楽天トラベル
プロフィール

ブラックコーヒー

Author:ブラックコーヒー
このブログの管理人の森田達也(ブラックコーヒー)です。JAZZとコーヒーと本とカメラをこよなく愛しています。考えることが大好き。
元々は理系(農)。
現在の仕事は広報プランナー。
昔はソフト会社(桐のベンダー)をやってました。職場は学校です。

月別アーカイブ